「はじめての材料力学」サポートページ >材料力学の典型的な問題  Part[

材料力学の典型的な問題 Part[
 「はじめての材料力学」で提案している材料力学における「ミスの少ない計算」については、こちらをご覧下さい。
 片持ちばりの座標軸の取り方についてはこちらをご覧下さい。
 
【問題351】  図の不静定の梁において、反力RA,RB,を求め、たわみ角とたわみ曲線の式を求める。弾性係数と断面二次モーメントはE,Iとする。


【解答例】

【問題352】  片側が固定されたヤング率E,幅b, 厚さh, 長さLの長方断面をもつはりと、長さのみ半分のはりの2枚を図のように重ね合わせ(BC部)、接着し、長いはりに等分布荷重w(単位長さ当たり)が作用する時、点Aのたわみ量を求める。


【解答例】

【問題353】   図のような先端をワイヤーで支えられた長さ2 Lの片持はりの中央に鉛直方向の集中荷重Pが作用している。
この時のワイヤーの張力F を求める。梁とワイヤーのヤング率E、ワイヤーの断面積をAw,長さをa、およびはりの曲げ剛性をEIとする。

【解答例】

【問題354】   図のように両端支持はりに、AC間に三角形の分布荷重、CB間に単位長さ当たりwoの等分布荷重が作用する場合に、A,B点の反力と、せん断力、曲げモーメント、せん断力図、曲げモーメント図を求める。
    
【解答例】

【問題355】  図に示す段付き丸棒軸にトルクTが作用する。この時、軸に蓄えられるひずみエネルギーを計算する。棒の断面は円形とし、横弾性係数はGとする。

【解答例】

「はじめての材料力学」サポートページ >材料力学の典型的な問題  Part[